社会人になる前の良い経験に!学生時代のバイトについて

学生がしやすいバイトって

学生になると、いろいろなバイトをしてお小遣い稼ぎをする人も多いですよね。街には「学生アルバイト募集」の貼り紙がいろいろな所で見られるものです。そんな学生向けのバイトとして多いものは、カフェや飲食店、コンビニでのバイト、スーパーなどのレジスタッフ、服屋の販売、家庭教師などがあります。そのほかにも、イベントスタッフや野球場の売り子、試食販売の仕事なども人気があるでしょう。授業に支障のない範囲で働けるものが良いですね。

学生がバイトをすることのメリットとは

学生時代にバイトすることには、さまざまなメリットがあるといえるでしょう。まずお金を稼ぐことの大変さや社会人としてのマナー、常識などを身に付けることができます。特に接客業では、言葉遣いや礼儀作法などを学ぶ良い機会になりますね。また働くことにより、責任感が芽生えたり、さまざまな知識も得ることができます。売れた時の嬉しさやお客様の笑顔に接したときの喜び、やりがい、感謝の気持ちなどを感じると共に、多くの経験をすることができるのです。

長期休みを利用して働こう

学生には春休みや夏休み、冬休みといった長期休暇がありますよね。こうした休暇を利用してバイトをするのも、とても良いことでしょう。長期休暇にできるおすすめバイトが、海や山でのリゾートバイトです。これらはホテルやペンションに短期間住み込んで働くスタイルのバイトで、海の家のスタッフやスキー場での仕事、ホテルの厨房スタッフなどを行います。リゾートバイトは食事付きのことが多く食事代が浮くことや、見知らぬ土地での出会いや観光を楽しめることなども魅力のひとつですね。

大学生のアルバイトとして最も有名なのが家庭教師のバイトです。自分が受験勉強で培った知識や効率的な勉強法について伝えることができ、やりがいも感じやすいといえます。教わる側から見ても、実際に受験を経験した人が身近でアドバイスをしてくれるという事は大きな意味があるのです。そのため、非常に人気が高くニーズも高いアルバイトとなっています。