資格取得の方法は主に3つ!通学と通信と独学

資格学校に通って効率的に勉強する

資格学校に通って資格試験合格を目指すことのメリットは、たくさんのライバルや志を同じくする友人を目の前で見ながら勉強できる環境を手に入れることでしょう。もちろん、資格学校の専門講師などが膨大な時間をかけて過去の試験問題の傾向を調べ、出題可能性等を踏まえた効率的なカリキュラムとして作成したものを活用できる魅力もあります。デメリットとしてはそれなりに高額な費用がかかることと、通学するために移動時間がとられることが挙げられます。

通信で資格試験を突破する方法もある

資格取得をしたいが、通学したくても近くに資格学校がない場合や社会人で通う時間がとれないという場合もあるでしょう。また、教室に通わないで自分で自由な時間に勉強をしたいと考える人もいるかもしれません。そういう場合は、通信の仕組みを利用するといいでしょう。Webでいつでも講義内容が確認できるスタイルのものもありますし、画像や音声データはなしでテキストと問題集と通信添削だけというものもあります。自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

独学でも資格試験突破は可能か?

どんな資格試験でも、資格学校等を活用した方が確実に合格できる可能性が高まり時間の節約にもなるという考え方はあります。しかし、自分の蓄積している知識レベル既に高く、過去問題と解答が公表されていて、市販のテキストや問題集が相当程度充実しているという場合には、独学の方がかえって効率的に合格できるという場合もあります。もちろん試験傾向の分析から勉強スケジュール立案まで自分で行う必要がありますので、そういった面に自信があることも独学で合格するための要件でしょう。

社労士といえば、人事や年金の専門家です。そんな資格をとるために社労士の講座を受けるならば、通信講座がいいです。時間に縛られず、学習ができます。