ファイナンシャルプランナー資格試験合格のための効率的な勉強法とは

基本的な部分をしっかりやる

ファイナンシャルプランナー資格試験の代表的なものにFP技能士検定があります。この試験は学科と実技に分かれていますが、知識レベルに特に差はありません。学科は選択式、実技はケーススタディーを読んで正答肢を選ぶという形式です。答えはすでに書かれているため、勉強をする時は細かいところを暗記することにこだわらず理解することに努めるといいでしょう。また、試験範囲は非常に広いですが出題される内容は基本的なものが多いという特徴があるため、難しいところは軽く、基本部分をしっかり勉強をするのがコツでしょう。

過去の問題を繰り返し解く

FP技能士試験の特徴の一つとして、過去出題された問題が繰り返し出てくるということがあります。そのため、過去の問題を繰り返して解いておくことが大切です。過去問をやることによって、試験レベルや時間配分がわかるというメリットもありますし、繰り返し出てきた問題で点数を稼ぐこともできます。さらに、どんなところを狙って出してくるのかという出題傾向のくせや広い試験範囲から大事な部分をあぶり出すことにも役に立つでしょう。

新聞等を読んで時事ネタに対応する

FP技能士試験に合格するには、選んだテキストや過去の問題をしっかりマスターすれば足りますが、余裕を持って合格したいと考えている人は、新聞等でFP試験の範囲に関係する記事を継続して読むことが役に立つかもしれません。FP試験は、ニュースになっていることを取り上げる傾向があります。時事問題をFP試験範囲にからめて出題されるケースもありますが、そういった場合でも戸惑うことなく対応でき、安定した実力を発揮することができるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの講座では試験に出てくる内容を重点的に教えてくれるので短期での資格取得が実現できます。